仏伝・出家踰城
出家踰城
 釈尊二十九才の時、人生の避けがたい問題、生、老、病、死に苦しまれ、世の中の無常を感じ釈尊は愛馬カンタカと侍者チャンナを引き連れて夜、密やかに城を出られました。
戻る 次へ