平安佛所の紹介
 京都、岡崎に位置する平安佛所は、父子の大佛師(だいぶっし)の江里宗平、二代目・康慧とその妻の截金師(きりかねし)佐代子を核とする現代の佛所(ぶっしょ:佛像制作巧房)です。
 まず初めにお佛像の起源をたどりながら私どものお仕事の紹介をさせていただきます。

 辿って参りますと、始まりは今から2500年前のインド、佛陀の出生へとさかのぼります。
 佛陀は諸人の生きることへの悩み、苦しみを転じて救い、生きることのその真実を説かれ、伝えてくださいました。
 真実の法に遇ったその歓びは大勢に、また代々受け継がれ大切に伝えられました。

 佛法は伝えられたその土地の風土と溶け合い、その土壌により様々な文化へと華を咲かせ、結実します。

 お佛像は釈尊の滅後500年頃、北西インドのガンダーラ、中インドのマトゥーラを起源に、その後各地で数多く生み出されてゆきます。そしてそれぞれが影響し合い、素晴らしい発展を遂げてゆきます。

 そして聖徳太子の時代、わが国へ佛教が伝えられ、社会平和の秩序となり、長く日本の諸文化の基盤となりました。佛教美術においても世界的に最高水準とされる造形作品が数多く生み出されました。
 それらが生み出された感性の質には今の時代を生きる私たちの心に深く響きかける何かを感じ得ずにはおれません。
 それらを仰ぎ見てまいりますと、それは古来より、人々の真実の法に遇いたいという願い、遇った歓び、遇った感謝の気持ちとそのご恩に報いたい心から生まれてきたのだと思うようになりました。
 佛を供養し賛嘆するこころから荘厳が生まれ、それは今、ここに佛国土を願う気持により具現化されたのではないでしょうか。

 かつて日本ではほとんどが木による寺院の建立、お佛像の造立が為されました。旺盛時には各地に官営の佛所が造営され、多くの佛師、截金師、彩色師、木地師、塗師、漆箔師を始めたくさんの職人たちが技を磨きそれを弟子達に伝え、そして受け継がれていったのです。
 拙巧房、平安佛所では古典の佛像、荘厳具、工芸品に見られるその創造性溢れる、崇高な品位を今に願い、そして遙か遠くの”師”のこころに少しでも近づくことを目標に日々励んでいます。
 文末となりましたが、今、このお仕事を私どもに伝えてくださったインド、中国大陸、朝鮮半島の先師の熱意に深く、感謝いたします。
- トップページへ -