佛像彫刻の技法
〜時代による様々な様式〜
寄木造(よせぎづくり)
作例:平等院鳳凰堂 阿弥陀如来
平安時代後期
 「割矧造によって像を後で前後に割り裂くのであれば、初めから複数の木を用意し、これを緩い接着によって仮接合をした用材より造像し、完成前に分解してその断面から内刳りを施すという次なる方法が考案されるようになった。大作であれば予め、縮尺の雛形を制作し、それを分解した各部分を拡大して彫り写す。このように寄木造とは像の基本的な部分を二材以上の複数材をもって接合して造られた像のことをいう。やがて木の寄せ方には改良が加えられてゆき、平安時代中期、大仏師定朝によって木割法(法量によって各部の比率を定めた法則)に基づく一定の法則をもって完成され、寄木造の確立を見た。

 寄木造は像内を空洞にし、干割れを防ぐためだけでなく、大仏師の作になる雛形を原型として、多数の小仏師によって分担し、拡大制作をするという分業が可能である。このことにより大作像が比較的短期日に完成出来るという優れた面があった。一木造の場合、原木以上の大きな像を造ることは出来ないが、寄木造の場合は材を寄せ木するために理論的には法量に制限がなくなった。また、完成した像は軽量であるために、寺院などの現場で制作をする必要がなく、効率の良い工房で完成された像を遠方の寺院まで運搬し安置することが可能であった。平等院の阿弥陀如来像は八条高倉にあった定朝の工房で制作され、宇治の御堂に運ばれたとの記録が見られる。こうして摂関期から院政期にかけての巨像の大量需要という空前の時代の求めに応えることが出来るようになった。

 複雑な寄木造は割矧造以上に接合部が多くなる。当時はまだ台鉋は存在しなかったので槍鉋によって仕上げられた接合面には隙間が残る。そこに接着に用いられた麦漆(麦粉を漆で練った接着剤)の跡が見苦しく残るために、素木では完成をすることは出来ず、漆箔か或いは彩色を施すことで接合部を包み隠す必要があった。平安後期は漆箔像や極彩色像が多く見られることと符合している。」

木取り〜きどり〜
江里康慧著「仏像に聞く」(KKベストセラーズ発行)より
荒彫り
完成
両手や螺髪〜らほつ(佛の頭髪)〜も後から取り付ける
”仏像彫刻の技法”トップへ
Copyright 2000-, Nara National Museum, Japan. All rights reserved
1996-2003 Heian Bussho(C) All rights reserved.