佛像彫刻の技法
〜時代による様々な様式〜
寄木造(よせぎづくり)
作例:東大寺俊乗堂 阿弥陀如来
平安時代後期から鎌倉時代
 一木造、割矧ぎ造りを経て、平安時代後期に考案され、多くの利点を持つ寄木造は、その後の、鎌倉時代の仏教興隆時にも活躍し、東国、東北など都から遠くへの仏教の伝播に対応するにも最も適した技法として長く、仏像制作の基本とされました。現代の仏師も平安・鎌倉時代のこの技法を用い、日々制作に励んでいます。

 江戸時代に出現した台鉋は、鉋の面を平らにすることを可能としました。現代では無色の膠〜にかわ〜や合成接着剤などを使用することにより寄せ木造りでありながらの白木仕上げが出来るようになりました。

木寄せ〜きよせ〜
粗彫り
完成
”仏像彫刻の技法”トップへ
Copyright 2000-, Nara National Museum, Japan. All rights reserved
1996-2003 Heian Bussho(C) All rights reserved.